鼻に汗をかく理由!かかない方法は?

鼻に汗をかいてしまいメイクが崩れたり、汗が溜まり恥ずかしい思いをしたりと悩んでいる人は少なくないと思います。それに比べて汗をかく理由やかかない方法を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。私も鼻の頭によく汗をかくので汗をかく理由やかかない方法を知っていることはかなり重要です。

今回はこの鼻汗に関して、原因や有効な対策法についてご紹介していきます。

 

鼻に汗をかく理由・原因は?

鼻に汗をかく理由や原因はいくつかあり、原因によっては深刻な症状である可能性もあるので注意が必要です。

 

心臓の病気のサインによる発汗

 

実は鼻は心臓と密接に関係しており、心臓の働きが低下すると鼻から汗が出てしまう事もあります。更年期や自律神経の乱れもない健康に見えた人でも実は心臓に疾患があって鼻から汗がでてくる、何ていうこともあります。一概に心臓とは言えませんが、鼻に汗をかく理由としては知っておくと良いでしょう。

心臓が活発すぎると鼻の頭に汗をかく

 

鼻の頭と心臓には密接な関係があって鼻の頭で心臓の状態がわかると言われています。鼻に汗をかく理由は心臓が活発に動きすぎていること。緊張したり、運動すると心臓はドキドキして活発に動いて汗が出てくるので心臓と関係していると言われても納得ですよね。

食事に注意

香辛料を多く使った食事や水分、脂分を摂り過ぎると心臓に負担がかかりやすくなり鼻の頭や鼻の下に汗をかくことがあります。カレーやキムチを食べて汗が出る経験をしたことありますよね。そのことからも汗をかく理由に当てはまりますね。ごま塩ののった玄米やおそばを食べることにより心臓はゆっくりと動くようになりますので、気になる方は食べてみるとよいでしょう。

健康にも良さそうですがアレルギーがある方は注意してください。

 

興奮しやすい、緊張しやすい性格

 

緊張したり興奮したりすると心臓がドキドキすることがありますがそういう性格の人は鼻に汗をかきやすいといわれています。よく手に汗がにじむことはありますが鼻にも関係があるのですね。嬉しいことで興奮しても汗をかくことから緊張だけではなく興奮にも汗をかく理由として納得できます。

更年期障害

30代の女性の場合、上半身の多汗で更年期障害を疑うことは殆どありませんが、ひとくちに更年期といっても症状が出る年齢、症状の現れ方には個人差がありますから、更年期障害ではない!と言い切ることはできません。若いから関係ないとは言っていられないですね。更年期障害は寒いのにホルモンの影響で暑いと勘違いして汗を出してしまうことがあるので、鼻に汗をかく理由に当てはまる人もいそうです。

鼻に汗をかかないメイク方法は?

女性にとってメイク崩れはとても気になりますよね。メイクが崩れない為にもなるべく汗をかかない方法があれば実践したいものです。

鼻汗で化粧崩れしやすい人のオススメなファンデ

 

一見汗が落ちてしまうのを考慮すれば、パウダータイプの物が考えつくかと思います。ですが、パウダータイプの物は水に濡れると落ちてしまうのが多いため、逆にリキッドタイプやクリームタイプを薄く広く馴染ませた方が化粧落ちしにくいのです。

なかなか夏にリキッドやクリームを使う発想にたどり着きにくいですよね。

ただし、パウダータイプのものでも水に強い物がありますので、それがあればパウダータイプでも問題ありません。 更にオススメのファンデーションはウォータープルーフのファンデを使う事です。ウォータープルーフは化粧崩れがしにくいものなので、こちらを使うのも良いでしょう。

洗顔はよく泡立てたたっぷりの泡で優しく洗い、冷蔵庫で冷やした化粧水をつけるのが効果的です。冷たい化粧水をつけることで毛穴が引き締まります。

顔汗用の制汗剤を使う

 

顔汗用の制汗剤を使って顔汗を抑えることもできます。たとえばサラフェというものがあります。顔汗に悩んでいる方の間で注目されています。サラフェは日本製なので成分も安心。メイクの前に塗っておくと汗を抑えられますし、日中も、鼻汗をかいてしまって気になるときは、メイクの上から塗ることもできるので便利に使えます。

これは汗をかかない方法としてすぐ実行できそうですね。

鼻に汗をかかない方法は?

冷やす

冷たい水で濡らしたタオルを首の後ろに当てて冷やします。鼻汗をかいてしまう習慣があるのであれば、保冷剤やペットボトルに水などを入れて凍らせたものをタオルに包んで持ち歩くのも良いと思います。首を冷やすと、首を通っている太い血管が冷やされるので、顔の部分の汗、鼻汗を止めることができます。

熱中症対策にも効果ありますし、手軽にできる方法としては一石二鳥ですね。また、「冷やす」ということをこまめに行うようにすると、体温調節機能を鍛える効果も得られます。

鼻汗を止めるための一時的な対策方法ではありますが、多汗で悩んでいる方にとって体温調節機能を鍛えるという事は、多汗症の根本的な改善方法としても有効なので、ぜひ取り入れてみてください。

圧迫する

指で胸の上(乳首の上のあたり)のツボを抑えることによって、その部分から上の汗が止まります。わきの下を両手で押さえても同じ効果があります。少しきつめのブラジャーをする、ブラジャーのホックをいつもよりもキツくするというだけでも、顔汗を抑える効果が。

ツボを押す

手の甲にある合谷というツボは身体の水分と熱を調節し、手のひらにある労宮というツボは緊張や精神的な不安による汗を抑制してくれる効果が期待できます。ツボ刺激をするときにはゆっくりとやや強めに何度か押すことで効果が見られます。

また、手足を温めると身体は暖まっているところから発汗しようとするため、顔に出る汗を抑えてくれるとも言われています。夏はエアコンで手足が冷えるのでツボ押しは冷え性対策にも使えそうです。

どうしてもひどい場合は病院で治療を受けてみる

鼻に汗をかかない方法として、専門分野の医療機関で治療を受けるという方法もあります。病院で行う多汗症の治療というと、「手術」をイメージする方も多いですし、鼻汗は病気ではない!と軽く思われてしまって家族や友人にも「病院は必要ないのでは?」といわれてしまうこともあり、鼻汗程度で病院へ行くのは敷居が高いと感じてしまう方もいます。

ですが、お薬を使ったり、顔汗を止める手術をするなど、その人にあった治療方法を専門医が一緒に考えてくれますから、悩みがひどいのであれば、一度受診してみるのも一つの手段です。

鼻汗がひどい原因は、「多汗症の場合」と、強いストレスを感じたときなどだけ急に汗が吹き出る「精神的な場合」が考えられます。どちらの場合も、専門機関としては、「皮膚科」、「美容整形外科」などがありますが、まずはお近くの皮膚科で相談してください。

鼻汗をかかない方法として薬を使いたい・・・と思って、自分の判断でネットでお薬を購入するのはおすすめできません。お薬には副作用があります。自己判断せずに、お薬を使う場合は、医療機関にご相談くださいね。

鼻に汗をかく理由!かかない方法は?まとめ

 

  • その場でできる対策としては冷やす、圧迫するなどが有効
  • メイク崩れが気になるなら、ウォータープルーフの化粧品を使う。
  • 病院を受診することも手段の一つ

 

鼻汗は、メイクが崩れてしまう原因にもなるので、女性にとってはとても厄介です。それに、鼻汗を気にしすぎてしまうと、余計に汗が吹き出てきてしまいますよね。対策法を知って、落ち着いて対処しましょう。出てしまった汗は、押さえるようにして拭き取れば急激にメイクが崩れることはありません。

鼻に汗をかかない方法は色々ありますが、まずは冷やす・圧迫するという方法を行ったり、崩れにくい化粧品でメイクをするなどを試してみてはいかがでしょうか。自分の体質やストレスのかからないやり方を見つけてみてくださいね。

無添加で安心!顔汗が止まる!! 顔汗に効くジェル・サラフェプラスがおすすめです!
肌研究室長・ayaka
肌研究室長・ayakaおすすめジェル「サラフェプラス」があります!
無添加で、通常の制汗剤のように汗腺を止めてしまうものではないので美容にも安心のジェルでおすすめです!これで夏の笑顔もばっちり決まりますよ!

\一本使い切っても返金保証あり!いつでも解約可能の定期コースで3600円お得!/

 
顔汗に効くayakaおすすめグッズランキングが気になるあなたはクリック↓↓ ⇒顔汗に効くayakaおすすめグッズランキング