顔汗の手術の費用や保険はきく?副作用は?

汗をかきやすいと、外出先で恥ずかしい思いをすることが増えますよね。お化粧が落ちたり、周りの目が気になるなど、気にかけることが増え余計に汗が出てしまい、ストレスもたまります。おしゃれな美容院で席に通された瞬間、適温な店内なのに顔汗がダラダラ・・・。
確実に顔汗を止める方法はないかと手術を考える方も多いと思います。手術と言うと大掛かりなイメージで、費用や副作用が気になりますよね。後悔しないように、今回の記事を読んで費用や副作用を理解した上で、よく検討してみてください!

顔汗を止める肌研究室ayakaおすすめジェルクリームをクリック!↓↓
⇒サラフェプラスについて詳しく見る

顔汗の原因は?

顔汗の原因は様々です。普段の生活によって顔汗に繋がる原因が何か、今一度よく見直すことが大切です。

更年期障害

顔汗の原因として多いのが更年期障害です。ホルモンバランスが乱れ、暑くないのに急に顔がほてり、ダラダラと顔汗が出てしまい、誰かに会うのが恥かしい、外に出られないなど、悩む方が多いです。

ストレス

不安や緊張によるストレスは、様々な不調を起こします。ストレスによって体に不調がでた場合、自律神経失調症と診断されることがあります。自律神経が乱れると、症状の1つとして発汗が活発になりやすくなります。

睡眠不足

ストレスにより眠れない、昼夜逆転の生活、つい携帯を見ていて時間が過ぎてしまうなど、十分な睡眠が取れない、質のいい睡眠が取れていない場合も自律神経を乱す原因になり、多汗の症状が現れます。携帯やテレビの光は、発汗を促す交感神経を活発にしてしまい、リラックスしないといけない時間にも体が休まらず、自律神経を乱します。

汗症

汗は本来、体温調節を行う為に体温が上がると汗が出て、体温を下げます。しかし、顔にだけ、もしくはある部分にだけ集中して発汗する、必要異常に汗が出てしまう場合は多汗症の場合があります。

顔汗の手術は何科へ?どんな手術?

顔汗の手術は何科に行けばいいの?

顔汗を本格的に病院で見てもらおうと決めた時、ふと何科に行けばいいのか迷いますよね。現在では、病院を利用して顔汗や多汗症を少しでも改善させようと訪れる患者の方が多く、専門のクリニックがあったりと、広く浸透し始めています。
顔汗を診てもらう場合、一般的なのが皮膚科ですが、顔汗の原因によっては手術以外の方が合っている場合がありますので、今一度、顔汗の原因についてよく見つめて見ると良いでしょう。
特に、急に顔汗がひどくなった方、更年期障害やホルモンバランスの乱れ、過度なストレスがある、生活習慣が乱れている、自律神経失調症の方は、まずは内科や心療内科で診察してもらう事をオススメします。

顔汗・多汗症で手術をする方の多くは、幼少時から汗をかきやすいという症状がある方が多いです。思春期に汗を気にして精神的に不安になり、多汗を気にするほど発汗しやすくなるという悪循環に陥る方が多いです。
専門のクリニックや外科、大きな病院や大学病院などでも手術可能なところがあり、多汗症外来などもあります。原因がわからない場合は、多汗症の治療をしている大きな総合病院などでよく相談し、診てもらうことをオススメします。病院によっては治療の方法が異なり、手術を推進していない病院もありますので、どうしても手術をしたい方は、多汗症の手術を積極的に行っていて、実績のある病院に行くのが良いでしょう。

顔汗はどんな手術をするの?

多汗症の手術は胸腔鏡下交感神経節遮断術手術(ETS手術)といい、発汗の原因になる交感神経を1箇所切断・切除するか、交感神経を小さなクリップで挟み遮断する方法があります。全身麻酔で行うため、手術中の痛みはありませんし、傷も小さく目立ちません。手術自体は10分程度ですが、1日入院の場合や、日帰りで可能な病院があります。

顔汗の手術に副作用は?

胸腔鏡下交感神経節遮断術手術(ETS手術)は、気になる発汗の場所によって切断・切除・遮断する神経の部位が異なりますが、顔面の汗は第2胸部交感神経にあたり、手のひらなどは第3・第4交感神経にあたります。手のひらの第3・第4の手術よりも、顔面の第2胸部交感神経の手術の方が術後の副作用が強く出やすく、手術前よりも発汗がひどくなって後悔する方が多いです。

副作用とは、「代償性発汗」といい、手術を行うと、ほとんどの方に現れる症状です。手術によって減った顔面の汗が、他の体の部分から出ようと、汗の出る場所を移動てしまうこと。特に、胸や背中、太ももや頭部からの発汗が今まで以上に増えてしまう方が多いのです。
代償性発汗は人によって個人差があり、中には異常に汗が出てしまい、大変な思いをする方もいます。したがって、顔汗でお困りの方の第2胸部交感神経の手術を行っていない、もしくは推進していない病院もあります。

他にも、手術を受け、汗が出なくなった代わりに、冬場に乾燥がひどくなる、冷えやすくなるなどの症状が出る場合もあります。

顔汗の手術の費用は?保険はきく?

病院で多汗症と診断された方の手術費用は健康保険適用となります。3割負担の場合で8〜10万円ほどです。
副作用などにより、再手術が必要になった場合、費用が嵩むので、副作用の説明や、再手術にかかる費用についてもよく相談しておくことをオススメします。

無添加で安心!顔汗が止まる!!

顔汗に効くジェル・サラフェプラスがおすすめです!

肌研究室長・ayaka
肌研究室長・ayakaおすすめジェル「サラフェプラス」があります!

無添加で、通常の制汗剤のように汗腺を止めてしまうものではないので美容にも安心のジェルでおすすめです!これで夏の笑顔もばっちり決まりますよ!

\一本使い切っても返金保証あり!いつでも解約可能の定期コースで3600円お得!/

 

顔汗に効くayakaおすすめグッズランキングが気になるあなたはクリック↓↓

⇒顔汗に効くayakaおすすめグッズランキング