顔汗でメイクができない!メイクする時どうしてる?

顔汗が原因でメイクができないと悩んでいる方、多いと思います。夏も近づいてきて、日中も汗ばむようになってきました。日焼け止めクリーム、化粧下地、ファンデーション、バッチリメイクしても顔汗で昼にはメイクが崩れてる…なんてこともあります。せっかく早起きしてメイクに時間をかけても、すぐに崩れてうまくできない!となってしまっては苦労が水の泡ですよね。

その苦労を無駄にすることなく、顔汗でもメイクが長持ちする方法をお伝えしていきます。
顔汗でメイクができないと悩んでいるアナタ、必見です!!

顔汗を止める肌研究室ayakaおすすめジェルクリームをクリック!↓↓

⇒サラフェプラスについて詳しく見る

顔汗でメイクができない!原因は?

顔汗のせいでメイクができない!顔汗でメイクが億劫になる!ベタベタして気持ち悪い!そんな顔汗の原因って何でしょうか?人によって原因はいろいろありますが可能性の高いものを紹介します。まずは顔汗の原因を知っておく事も大切ですよね。

①運動不足

運動不足で汗をかく機会が少ないと、汗を分泌するエクリン腺の多くが休眠状態に入ってしまいます。特に顔と頭に多く集中してるので運動不足の状態だと、体温調節をする時にエクリン腺が活発に働きすぎてしまいます。そのため顔に汗をかいてしまいます。

②肥満

身体全体に脂肪が多いので体熱が外に放出されにくくなっています。体だけでなく顔にも汗をかいてしまいます。

③多汗症

汗が多いと多汗症を疑う方も多いと思います。過度のストレスや偏った食生活、ホルモンバランスなどが主な原因と言われています。体温が上昇していなくても顔に汗をかくのが特徴です。

顔汗でメイクができない!対処法

暑いときにかく汗というのは決して悪い汗ではありません。しかし、ベタベタする顔汗は気持ちが悪いし見た目も気になります。メイクしていると化粧崩れも気になりますよね。汗腺を刺激して、運動したり食生活に気を付けたり、ベタベタした顔汗ではなく、サラサラとした顔汗をかきやすい生活を心がけたいですね。顔汗をかきやすい季節になってきたので少しでも汗をおさえるための対策として、まず暑さを感じたら次のことを実践してみましょう!!

①首の後ろを冷やす

首の後ろには頸動脈という太い血管が通っています。メイク前に、タオルでくるんだ保冷剤や、濡れタオルなどで冷やすといいでしょう。体感温度が下がることにより顔汗をかきにくくなります。
<外出時も、ハンカチを濡らして首の後ろにあてながらメイク直しをするといいですね。>

②多汗症対策に良い食べもの

大豆食品を食べましょう!納豆や豆腐に含まれている大豆イソフラボンとレシチンには、ドロドロ汗を抑えてサラサラ汗にしたり、発汗を抑制する効果があります。あくまでも体質改善が目的なので、一度に多く摂取するのではなく続けて摂取していくことが大切です。大豆イソフラボンを多く含む食材として、納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、大豆煮、きなこ、みそなどがあります。<積極的に毎日の食事に摂りいれてみて下さい。

③運動をする

顔汗でメイクできない大きな原因はドロドロ汗!汗腺が衰えてしまうと本来全身から出るべき汗が分散されません。分散されないと顔からドロドロ汗となって出てきてしまいます。そこで運動や入浴で汗腺を鍛えて強くし、全身がサラサラ汗になるように体質改善していきましょう。

④ツボを押してみる

脇の下にある「大包(だいほう)」というツボ。このツボは、顔汗や脇汗に効果的なんです!第6肋骨という場所にあるツボですが、素人では探すのが難しいので、脇の下を全体的に押してみましょう。

⑤半側発汗の方法

半側発汗(はんそくはっかん)とは、反射の一種で人体の左右上下のいずれかを圧迫すると半側で発汗し、その反対側の発汗を抑えるいう皮膚圧発汗反射の現象のことです。この仕組みを利用してみましょう。

1.胸の乳首の周り乳輪あたりを 紐などで強く圧迫する。
2.上半身が圧迫されるので、顔汗が減ります。
3.下半身の汗の量が増える。

しかし、この半側発汗の方法は下半身にに汗の量を移動して顔汗を減らすという一時的な方法なので根本的な対策になりませんので注意してください。
<ちょっとしたことですが継続することが大切です。>

顔汗でメイクができないときのメイク方法

顔汗でメイクを崩したくない!少しでも長くメイクを持続したい!そんなときのメイク方法です。

①産毛の処理

まずは産毛の処理から。お肌と化粧下地やファンデーションが密着するのを邪魔してしまいます。きちんと処理していれば、化粧ノリも違ってきますしお肌の明るさも違ってきます。産毛はメイク崩れの原因のひとつなので注意しましょう。
自分でできる顔の産毛処理の方法として、T字カミソリ、またはI字カミソリを使った産毛処理の正しい方法です。

1.洗顔をしてメイクや顔の汚れを落とす
メイクのまま、顔に汚れがついたままでカミソリを使うことは、雑菌が肌の中に入りやすいので肌トラブルの元になります。必ず産毛処理をする前は洗顔しましょう。

2.1~2分程度、蒸しタオルを顔に当てる
熱すぎない程度の蒸しタオルを顔に当てましょう。蒸しタオルは毛穴を開いて肌を柔らかくしてくれます。カミソリを使ったとき、肌に負担がかかりにくくなります。

3.乳液、クリームでカミソリの滑りを良くする
乳液やクリームはたっぷり付けましょう。何も付けずにカミソリを使うと、滑りが悪く肌にダメージを受けてしまいます。乳液やクリームを付けておくことでカミソリの滑りも良くなり、肌トラブルも防ぐことが出来ます。

4.毛の流れに沿って産毛を剃る
力を入れずカミソリに手を添える程度で、ゆっくりと優しく肌の上を滑らせます。
毛の流れに逆らって剃ると、肌の大きな負担になります。カミソリ負けしやすい方や肌が弱い方は気を付けましょう。

5.洗顔して、たっぷり保湿
水、またはぬるま湯で軽く洗顔してから保湿をしましょう。肌の弱い方や、カミソリ負けしやすい方は冷やしたタオルで軽く冷やしてクールダウンしましょう。赤みやヒリつきを予防することができます。
<顔の皮膚は敏感で繊細。お手入れの頻度は2週間に1度ほどが理想です。>

②洗顔はぬるま湯で!化粧水でたっぷりパッティング!

メイクの崩れは顔汗だけでなく肌の水分不足からも起こります。化粧水はたっぷりとパッティングして毛穴を引き締めましょう。洗顔後の蒸しタオルも効果があります。

③スキンケア後は時間をあけて!

女性のメイクは時間がかかるものですが、ここで慌ててメイクしてはいけません。化粧水や乳液でスキンケアした後は10分から20分は時間を置きましょう。化粧水などが十分にお肌になじんでいないうちにメイクしてしまうと、化粧下地やファンデーションが化粧水や乳液と混ざりあってしまい化粧崩れの原因となります。メイク前に一呼吸置くことが大切です。

④薄く薄く厚塗りはNG!

顔汗で化粧が崩れるからと厚塗りになっていませんか?それは逆効果です。ベースメイクは薄く薄く厚塗りしないことが重要です。化粧下地はお肌のトーンアップが期待できる色付きのものを選びましょう。色ムラも補正してくれます。ファンデーションで隠し切れないようなクマやシミ、そばかすはコンシーラーで隠し、その上から薄く薄くファンデーションをのせていきます。大きめの化粧ブラシで軽く肌にのせる方法もあります。
最後の仕上げに、しっかり丁寧にフェイスパウダーをのせます。

顔汗でメイクができない!を助けるジェルはこれ!

顔汗ですぐに崩れてしまうメイク。これから夏本番、顔汗に悩まされる方も増えてくるかと思います。重要なのはベースメイクです。 普段使っている化粧下地を、これからの最も汗をかきやすい時期だけ皮脂に強い化粧下地に変えましょう。敏感肌でも使える成分で顔用の制汗剤というものがあるので、おすすめの化粧下地をご紹介します。

顔用制汗剤として、今大人気で話題になっているサラフェという商品です。ご存知の方も多いと思いますが、制汗剤のサラフェを使えば顔汗がおさえられるので、顔汗が気になるこの時期に必要以上にメイクが崩れずにすみます。嬉しいのは美容成分が多く配合されているところです。顔汗を抑えながら美肌効果も期待できます。医薬部外品で日本製なのはもちろん、肌に一番良いものだけを配合していてお肌の刺激になる成分は無添加なので肌にも優しいので安心ですね。

使い方はとっても簡単です。いつものスキンケア後にサラフェを化粧下地として使用するだけです。あとは通常メイクをするだけです。もちろんメイクの上からでも使えるので日中のメイク直しの時にサッと使えるのも嬉しいですね。

無添加で安心!顔汗が止まる!!

顔汗に効くジェル・サラフェプラスがおすすめです!

肌研究室長・ayaka
肌研究室長・ayakaおすすめジェル「サラフェプラス」があります!

無添加で、通常の制汗剤のように汗腺を止めてしまうものではないので美容にも安心のジェルでおすすめです!これで夏の笑顔もばっちり決まりますよ!

\一本使い切っても返金保証あり!いつでも解約可能の定期コースで3600円お得!/

 

顔汗に効くayakaおすすめグッズランキングが気になるあなたはクリック↓↓

⇒顔汗に効くayakaおすすめグッズランキング