顔汗を止めたい!ツボ押しや薬は?確実な対処法!

顔汗を止めたい…おしゃれをしっかり楽しみたいあなたにとっては、大きな問題だと思います。そんな時ツボ押しで解決できる方法があるのを知っていますか?ツボ押し以外にも顔汗を止めたいときの確実な対処法をお教えします。顔汗なしでおしゃれに生きる肌研究室のayakaが体験談も含めてお送りしていきます。

顔汗を止める肌研究室ayakaおすすめジェルクリームをクリック!↓↓
⇒サラフェプラスについて詳しく見る

顔汗を止めたいときになぜツボがいいのか

顔汗を止めたい時にはツボを押すのが効果的なのはなぜなのでしょうか。それは、副作用がないことです。やはり市販で売られている制汗剤などは、スプレーで汗を止めたり、アレルギーが心配だったりということもあると思いますが、ツボなら副作用やアレルギーへの心配が必要ありません。

安全にしかも確実に顔汗が止められるならうれしいですね。

顔汗を止めたいときツボが有効な理由

顔汗を止めるのに上半身のツボを押していくのですが、なぜ上半身のツボを押すだけで顔汗が止まるのでしょうか。これは、汗には「皮膚圧反射の原理」というものがあり、圧力がかかる場所によって汗をかく場所が変化するという現象が起こるからなんです。

その中でも上半身のツボを押せば、顔汗が止まるという現象が起こります。例えば、舞妓さんが白塗りを顔にきれいにしていますが汗をかいているのを見たことがありませんよね?

実はそれは、昔からこの「皮膚圧反射の原理」を使っているからなんです。着物の帯をぎゅっと強く結ぶことで上半身のツボを押さえることにつなげ、顔汗を防いでいます。なので帯を外すとばっと汗が出ることもあるそうですよ。それだけ効果が強いことが分かりますね。

ただ、汗を止めたら体に悪いんじゃないかと思うかもしれませんが、大丈夫です。汗には、1か所を止めたら違う場所から汗が出るという原理があるんです。なので、顔や上半身の汗を止めても大丈夫です。

顔汗を止めたい時に押すツボはこれ!

では実際に顔汗を止めたい時に押すツボについて紹介していきます。

顔汗を止めたい時に押すツボ・手編

まず顔汗を止めたい時に押すツボ・手編ということで紹介していきます。

ツボ・後谿(こけい)

引用:http://www.acupressure.jp/

手を握り、小指の下、運命線のあるすぐ横にあるのが「後谿(こけい)」です。小指の出っ張った骨のすぐ下なので下から押し上げるようにツボを押しましょう。ここはもう片方の手かボールペンの先で押すのもいいです。

ツボ・陰げき(いんげき)

引用:https://karadarefre.com/

手のひらを上に向け、小指の下から腕に沿った、手首の1.5センチ下が「陰げき」のツボです。

顔汗を止めたい時に押すツボ・胸周り編

胸周りにも顔汗を押さえるツボがあるのでご紹介します。

ツボ・屋翳(おくえい)

乳首の3㎝ほど上にあるのが屋翳です。中指や人指し指で優しく押さえるようにしてください。

ツボ・大包(だいほう)

引用:http://asekaki704.com/

大包は、脇の真下にあります。中指や人差し指で押さえてください。

屋翳と大包は、手を交差して両方を一気に押すようにすると効果的です。

顔汗を止めたい時に押すツボ・首編

 

 

首はツボがあるというより、顔に近いので、直接顔汗を抑える効果が高いです。頸動脈が首の後ろにあるので、そこを冷やすことで顔汗を抑える事ができます。こちらは冷やしすぎに十分注意をしてください。

顔汗を止めたい時ツボを何でどれくらい押すといい?

ツボを押すときに何か器具を使って押すことも多いと思いますが、顔汗対処の場合は手で大丈夫です。ただ手のツボなど細かいところはツボ押しの棒やペンなどを使用することも有効です。

ツボはぎゅっと押して「いたたたた…」と言っている印象がありますが、顔汗を止めたい時にツボを押す力は優しくて大丈夫です。こりをほぐすという目的ではないからです。ツボをぎゅっと押すというよりは、マッサージをするつもりで押してください。

顔汗を止めたい時のツボ押しの効果と持続性

顔汗を止めたい時のツボ押しは基本的には何度もしても効き、押している間効果は持続するものです。ただし効果が実感できない人はこまめに押す必要も出てきます。

顔汗を止めたい時有効な漢方薬はこれ

顔汗を止めたい時に有効な漢方薬があるので紹介しておきます。それぞれの人の体型に合わせての漢方薬の使い分けが有効です。

顔汗を止めたい時有効な漢方薬・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

虚弱体質の人向きで、顔汗や上半身の汗を抑える効果があります。

顔汗を止めたい時有効な漢方薬・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

肥満体質、水太りの人が熱すぎて発汗する場合に防已黄耆湯は使えます。

顔汗を止めたい時有効な漢方薬・桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

細い体質の人が全身から汗が出すぎるのを減らす効果があるのが桂枝加黄耆湯です。

ただ漢方なので即効性があるというよりは全体的にじわじわ汗にアプローチをしていくというものになります。

顔汗を止めたい時に有効な食べ物

顔汗を止めたい時に、食生活を見直すことはやはり有効ですし、特に効果の高い食べ物は大豆や豆乳などのたんぱく質が含まれるものです。ただ、このタンパク質も取り過ぎてしまうとより多汗の原因になることも多いので、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

顔汗を止めたい時にリンパを冷やすのがいい?

顔汗が出すぎて困る時は、体温が上昇しすぎているということも考えられます。体温が上昇しすぎている場合は、以下の体の部分のリンパ節を冷やすというのが効果的です。

1. 首の後ろ
2. 左鎖骨下
3. 脇
4. 太ももの付け根
5. ひざ裏
6.手首
7.肘の内側
8.こめかみと耳の間(もみあげの上あたり)
9.足首

ただ顔汗が出るというのは体温上昇だけが原因でないことも多いですから、上記のリンパ節を冷やすのは、気温や体調に合わせてもし体温上昇が激しいようなら取り組んでみてくださいね。

顔汗を止めたい時に有効な薬

顔汗を止めたい時に有効な薬があります。汗は自律神経や精神面とも関係してくるので、精神科でも顔汗に関する薬が処方されることがあります。

●多汗症対策の「プロ・バンサイン(一般名 プロパンテリン臭化物)」

●「『グランダキシン』成分(一般名) : トフィソパム」は、自律神経に問題があって大量の汗を書いてしまう場合に服用されます。

●「β遮断薬」はノルアドレナリンの結合を防ぐことで、あがり症による多汗を減らす薬です。

これらはネット通販でも一部入手できますが、医師の処方を十分に受けてから服用がおすすめです。

顔汗を止めたい時に使えるのは?

顔汗を止めたい時には、薬だけでなく、化合物を使う方法でもアプローチできます。

  • 「ハッカ油」を使って体感温度を下げる方法

ハッカ油と無水エタノールを混ぜたハッカ油スプレーを使えば暑い日も涼しく過ごせます。

  • 「ミョウバン」で汗を抑えるとともに汗のにおいも抑える方法
  • 「塩化アルミニウム液」で汗を止め、汗をかきにくい肌にする方法

塩化アルミニウム液を使った制汗剤は、「デトランスα」「AHCセンシティブ」「オドレミン」などが市販に売っており、買うことができます。

顔汗を止めたいときのおすすめジェル

顔汗についていろいろ効果があるものを見てきましたがいかがでしたか?肌研究室室長ayakaのおすすめする顔汗専用のジェルがあるのでご紹介します。

それは「saLafe  plus」です。

無添加無着色肌に優しいのはもちろん、海外セレブ系ファッション誌「GLITER」はじめ数々の雑誌でも紹介されて効果が高いものと知られています。
「saLafe  plus」はニューヨーク大学メディカルセンターで学術的に汗を抑えることができると認められたフェノールスルホン酸亜鉛を使用し、毛穴をふさぐことなく顔汗を止めることができます。

しかも顔汗だけでなく、これからの季節に気になる脇汗も防いでくれるんです。しかもダイズ種子エキスはじめ12種類の肌を整える自然から生まれた有効成分が含まれているので、顔汗を抑えながら肌を整えていくこともできます。

定期便なら毎回3000円お得でしかも送料無料ですし、一本使い切っても返金可能なので安心して始められます。いつでもすぐにでも解約可能です。

無添加で安心!顔汗が止まる!!

顔汗に効くジェル・サラフェプラスがおすすめです!

肌研究室長・ayaka
肌研究室長・ayakaおすすめジェル「サラフェプラス」があります!

無添加で、通常の制汗剤のように汗腺を止めてしまうものではないので美容にも安心のジェルでおすすめです!これで夏の笑顔もばっちり決まりますよ!

\一本使い切っても返金保証あり!いつでも解約可能の定期コースで3600円お得!/

 

顔汗に効くayakaおすすめグッズランキングが気になるあなたはクリック↓↓

⇒顔汗に効くayakaおすすめグッズランキング